「フェルトスタジオ icchi's room」

フェルト作家:きたがわたけし

                  オーダーメイドで、愛犬・愛猫「うちの子フェルト人形」をお作りしています。
           「虹の橋を渡った、うちの子にもう一度会いたい…触れたい…」そんな思いを形にしてお届けしています。
 

羊毛フェルト:上手に猫顔を作るコツ③

 

 羊毛フェルト作家のきたがわたけしです。

主に愛犬・愛猫の「うちの子」オーダーを受けています。ここ最近で作製させて頂いたオーダー作品を中心に作品紹介させて頂きます。

今回も、羊毛フェルトで「上手に猫作品を作るコツ」を出来るだけ詳しく紹介していきますね。

最終回です!

 

⑦顔の植毛をする!

ついに「植毛」を始めていきます!

植毛のやり方は色々、有名な作家さんの本に詳しく書いてあるので参考にしてください!

僕は基本的には目の周辺から始めます。

画像1

本物の猫の「毛の流れ」と同じような感じで植毛していきますよ!

画像2

 

⑧耳を作る!

耳の装着は顔全体の植毛後でも、途中でもどちらでも構いません。

上手く耳を作るコツは「薄く固く」です!!

板状のフェルトになるまで刺し固めて…

画像6

耳の端を固める時は、こんな感じで何かを当てて、手を刺さない様に工夫してみると作りやすいですよ。

画像7

※今回の作品は素材がフェルトではありません。

画像4

装着時にとっても大切な事は「耳の角度」

何度という事はないですが、結構立ちすぎてしまわない様に注意です!

画像8

 

⑨模様を入れる!

今回はベースとなる色を先に、全体の植毛を終わらせました。…って、模様の下書きの意味がありませんね…(笑)

下書きに沿って少しずつ模様を入れる事も正解です!これも、やり易い方法で構いません。

画像3

植毛した毛を分けて、そこに模様を植えていきます。

トラ模様を入れる時のコツは、「黒単色」の毛を入れない事!

黒単色のままだと、模様が濃すぎて不自然になります。ベースの色と黒を混ぜて植毛します。(※この場合は「こげ茶」に近い黒色にしています。)

目の周りは「アイライン」を作ります。※この作品では粘土を使用していますが、フェルトでOKです!

画像5

 

⑩鼻や髭を付ける!

さあ、最終段階です!

鼻は樹脂粘土で作成していますが、フェルトでもOKです!

得意な方で作って装着しましょう!

髭の角度や、長さなんかも意識しつつ…片方に6~8本付けた方がリアルに見えますよ!

f:id:goppemaster:20201222200154j:plain

まあ、簡単にですが「猫顔」を作るの時のコツを紹介させて頂きました。

有名な作家さんの出版している本を参考にしたり、一番良いのは本物の猫をよく観察する事ですかね。

1年前まで、猫を作るのが苦手で…オーダーを断った事も…

でも、試行錯誤しながら練習していたら、羊毛フェルトを始めて2年目でも、なんとかここまで作れる様になってきました!

参考になれば幸いです!

ご覧いただき、ありがとうございました。

「フェルトスタジオ icchi's room/きたがわたけし」

 

 

 【オーダーについて】

お客様が安心してお取引できる様に、信頼のある大手ハンドメイドマーケット「minne」「Creema」「TanoMake」の3つのサイトのみでネットショップを出店しております。(お客様がご利用しやすいサイトをご利用ください!)

 
 オーダーに興味のある方は、是非覗いてみてください!
 
※最初に「〇〇は作れますか?」など質問をしてください!
 
 
 
★minneからのオーダーはコチラ!

minne.com

 

★Creemaからのオーダーはコチラ!

www.creema.jp

 

★TanoMakeからのオーダーはコチラ!

tanomake.com



 
↓ ブログランキングに参加しています。ポチっとしてやって下さい!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村