【 フェルト工房 世界樹】 ゴッペマスター

北海道の山奥にログハウスを購入して「アーティスト」活動を始めました! 羊毛フェルトに出会い、独学で勉強して羊毛フェルトを始めてたった半年で「プロ作家」としてデビュー(※開業申請)という無謀な挑戦を始めました。 その他に冬はスキーのインストラクターとして活動もしています。 そんな羊毛フェルト作家が日常の創作活動の様子や、ログハウス生活の日々、時々趣味のバイクやスキーの事を書いています!

羊毛フェルトで「猫」を作ろう!ゴッペレッスン その1 「顔のベース」

こんにちは、ゴッペです!

 

再びBESEにてネットショップを開設しました!

フェルト工房~世界樹~

 

 

さて、最近は依頼が「犬」ばかりだったので「猫」を作っていません!!

俺、猫作れるかな…?

 

そんな訳で、依頼品の「チワワ」を作りながら、息抜きで「猫」を作ってみたいと思います!

せっかくなので、簡単に「ゴッペ流」で作り方を説明しますよ!

羊毛フェルトを作る時の参考なれば!!

 

でも、あくまで「ゴッペ流」なんで、良いやり方があると思います。

 

 

 

羊毛フェルトで「猫」を作ろう!ゴッペレッスン

その1 「顔のベース」

 

f:id:goppemaster:20190416214446j:plain

こんな感じの猫を作成してみよう!!

 

 

用意するのは「ニードルわたわた」

直ぐに固まる毛なので、ベース作りに最適です!

今回は余っていた市販の「キャッツアイ7.5mm」を使用します。

少し小さめのサイズになりますね。

完成品は手の平サイズになるかな~?

f:id:goppemaster:20190416212628j:plain

 

まずは「頭部」を作成するので、適量を取り出して固めていきます。

最初は「適量」がどのくらいか分からないと思うので、少ない量から固めて、足りなければ後から足すというやり方がイイと思います。

f:id:goppemaster:20190416212444j:plain

 

ニードルは色々な種類があり、用途によって使い分けますが、、1本針しかない場合は時間が掛かります。(写真は3本針です。大雑把に固める事に適しています)

f:id:goppemaster:20190416212558j:plain

 

ある程度、固めたら次は5本針で表面を固めていきます。

この5本針で軽めに表面を叩く様に刺していくと適度な硬さがでてきます。

指でつまんで弾力が出るくらいが丁度良いです。

あまり刺し続けて固め過ぎてしまうと、後から修正が効かなくなります!!

f:id:goppemaster:20190416213458j:plain

 

逆にフワフワ過ぎると、後からの工程で2度手間3度手間になるので、最初のベース作りは時間をかけてしっかりと作りましょう!

 

まずはこの「球体」を作る事から!!

本日はここまで!!

 

 

↓ こちらでフェルト依頼受け付けています!

sekaiju2.thebase.in

当サイト「ログハウス生活【参考書】ゴッペマスター」は第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

 

当サイト「ログハウス生活【参考書】ゴッペマスター」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村