【 フェルトスタジオ icchi's room】 世界樹

ハンドメイドで生計を立てて「スローライフ」を実現しているフェルト作家の日常ブログです。

その②羊毛フェルト作成過程「フレンチブルドッグ」

こんにちは、ハンドメイドで生計を立てながら「スローライフ」を送っている羊毛フェルト作家:世界樹です。

 

 この前の続き、羊毛フェルト作成過程「フレンチブルドッグ」です!

www.goppemaster.com

 

 その①では「顔」の下地まで仕上がりました。

 

①顔の「肉付け」をしていきます。

ブルドッグ系は「シワ」の表現が重要になります。

写真を見ながら、少しずつ綿を盛って形成していきます。

f:id:goppemaster:20191006173600j:plain

 

②「鼻」を装着し、さらに「肉付け」

事前に「樹脂粘土」で作っておいた「鼻」が乾いたので手芸用ボンドで装着します。

この段階で装着した方が、顔のイメージが湧きやすくなりますよ。

「肉付け」もイイ感じで進んでいます。

f:id:goppemaster:20191006173610j:plain

 

上まぶたも何度も形成し直します。

どんどんと立体的になっていますね。

f:id:goppemaster:20191006173619j:plain

 

③毛色を付けてみる。

これは本当は後からでもいいのですが、イメージしやすいのでやっています。

f:id:goppemaster:20191006173627j:plain

 

鼻下の唇周辺も色付け仕手いきます。

上手くグラデーションで色の境目をぼかします。

とりあえずですが、こんな感じに仕上がってきました!

f:id:goppemaster:20191006173634j:plain

 

④「耳」を作る!

手芸わたを三角にして板状になる様に刺し固めています。

その後、両面に「毛色」を入れて、更に刺し固めます。

俺のやり方は、この後アイロンでスチームを掛けながらプレスします。

この作業により、耳を薄く作る事が出来るようになりますよ!!

f:id:goppemaster:20191006173647j:plain

 

⑤体のベースを作ります。

全体の大きさが決まる工程です。

頭部の大きさからモデルの子が何頭身か測り作成しています。

f:id:goppemaster:20191006173641j:plain

 

ここまでくると、先が見えてきますね!

 

では、本日はここまでです!!

 

 

【お知らせ!】

minneとCreemaでネットショップやってます!!

ショップ名「フェルトスタジオ icchi's room」

 

↓ 「オーダー」はコチラで受け付けていますよ!※作品もコチラで販売しています 見に行ってやって下さい!!
minne.com

www.creema.jp

 

 
↓ ブログランキングに参加しています。ポチっとしてやって下さい!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

当サイト「ログハウス生活【参考書】ゴッペマスター」は第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

 

当サイト「ログハウス生活【参考書】ゴッペマスター」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村