【 フェルトスタジオ icchi's room】 世界樹

ハンドメイドで生計を立てて「スローライフ」を実現しているフェルト作家の日常ブログです。

②写真で見る、羊毛フェルト「秋田犬」が出来るまで!「中編」

こんにちは、ハンドメイド「フェルト工房 世界樹」羊毛フェルト作家のゴッペです。

 

 3編に分けて「秋田犬」の作成過程を書きます!
羊毛フェルトで「犬」を作る時の参考にでもなればイイかな。

 

今日は「胴体」の作成要領です!!

昨日はここまで進みました。

頭部(下あごなし)と首部分まで繋げました。

f:id:goppemaster:20190604152852j:plain

 

お次は「胴体」のベースを作るので、わたわたも中々の量を使います!

f:id:goppemaster:20190604152856j:plain

 

大まかに固めた時点で、頭部と繋げます!

この際、繋ぎ目が弱くならないように色んな方向から刺しましょう!f:id:goppemaster:20190604152859j:plain

 

肩周りの肉付けをしていきます。

犬の体型(骨格、筋肉)を見ながら盛り上げますよ。

もちろん、徐々に刺し固めていきます!!

f:id:goppemaster:20190604152903j:plain

 

胴体が概ね形になったら、お次は「足」を作成します。

骨格に「針金」を入れますが、俺は後から刺して入れています。

f:id:goppemaster:20190604152906j:plain

 

後足は形が出来たら胴体に付ける前に毛色を植えておきます。

胴体に繋げた後だと大変になるので…。

f:id:goppemaster:20190604152910j:plain

 

肉球を植え込みます!

最初の頃は「樹脂粘土」で作っていましたが、フェルトを植え込む方がやり易いし、仕上がりも自然な感じになる事が分かったので、今はフェルト肉球にしています。

f:id:goppemaster:20190604152913j:plain

 

ここまでやったら、強度を増す為に「針金」を入れます。

先端を斜めに尖る様にニッパでカットします。

付け根から爪先に向かってゆっくりと刺していきます。

この時、足を持つ方の指を「針金」で刺さないように要注意!!!

f:id:goppemaster:20190604152917j:plain

 

連結部の「針金」を曲げて胴体に刺します。

角度が良ければ、周りをニードルで固めていきます。

f:id:goppemaster:20190604152921j:plain

 

付け根の裏側にもわたわたを補強します。

これで「つなぎ目」も隠します。

f:id:goppemaster:20190604152925j:plain

 

お次は後足!

要領は同じですね!!

f:id:goppemaster:20190604152929j:plain

 

足を付けてバランスをみます。

f:id:goppemaster:20190604152933j:plain

 

ここまでくるとゴールが見えてきますね!!

今日はここまで!!

明日は最終回!「仕上げ」に入りますよ~。

 

 

【お知らせ!】

↓ 作品はコチラで販売しています。「オーダー受付」もやってます! 

「フェルト工房 世界樹

minneでネットショップやってます!!

minne.com

 

 
↓ ブログランキングに参加しています。ポチっとしてやって下さい!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

当サイト「ログハウス生活【参考書】ゴッペマスター」は第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

 

当サイト「ログハウス生活【参考書】ゴッペマスター」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村