【 フェルト工房 世界樹】 ゴッペマスター

ハンドメイドで生計を立てて「スローライフ」を実現しているフェルト作家の日常ブログです。

③写真で見る、羊毛フェルト「秋田犬」が出来るまで!「後編」

こんにちは、ハンドメイド「フェルト工房 世界樹」羊毛フェルト作家のゴッペです。

3編に分けて「秋田犬」の作成過程を書いています!

昨日は「胴体」の作成まで進みました。

今回は最終回「仕上げ」にはいります。

f:id:goppemaster:20190604152933j:plain

 

俺は「樹脂粘土」で鼻や口(舌、牙)を作っています。

サイズが小さいので、必要な分を少しだけ…

f:id:goppemaster:20190604152937j:plain

 

わたわたで下あごを作り、樹脂粘土黒で口の中を作ります。

画像はすでに白の粘土で作った牙を接着済みです。

右側に見えるのは「舌」ですね。

f:id:goppemaster:20190604152941j:plain

 

顎部分のボンドが乾くまでの間に、体に肉盛りをしていきます。

わたわたを板状に固めたモノを重ねていきます。

f:id:goppemaster:20190604152945j:plain

 

秋田犬は特に首周りが太いのでここも重要なポイントです!

f:id:goppemaster:20190604152949j:plain

 

肉盛りが終わったら、毛色を入れていきます。

色のつなぎ目は毛を調合してグラデーションにします。

f:id:goppemaster:20190604152952j:plain

 

最後に尻尾を装着して完成です!!

日本犬は尻尾が丸まっているので、中に針金を入れています。

f:id:goppemaster:20190604152957j:plain

 

完成したら撮影です!!

f:id:goppemaster:20190604153002j:plain

 

手乗りサイズですね!

このサイズ感が作りやすくなってきました。

f:id:goppemaster:20190604153006j:plain

 

このサイズよりさらに一回り小さくしたいですね。

 

羊毛フェルトを作り始めてまだ9カ月しか経っていませんが、俺なりに掴んだコツは「ベースをしっかりと固める!」という事ですかね。

 

この作品は1日で作っています。

「頭部作成」→休憩(朝食)→「胴体作成」→休憩(昼食)→「仕上げ」→「撮影」

 

「植毛」をする場合は1日では出来ないですけどね。

 

このサイズの作品にしてから売れ始めました~!!

とは言え、まだまだ試行錯誤してますけどね…。

SNSをもっと上手く活用できたらいいんだけどなぁ。

 

話しは逸れましたが、「秋田犬が出来るまで」前・中・後編でした!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!!

 

 

 

【お知らせ!】

↓ 作品はコチラで販売しています。「オーダー受付」もやってます! 

「フェルト工房 世界樹

minneでネットショップやってます!!

minne.com

 

 
↓ ブログランキングに参加しています。ポチっとしてやって下さい!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

当サイト「ログハウス生活【参考書】ゴッペマスター」は第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

 

当サイト「ログハウス生活【参考書】ゴッペマスター」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村