ログハウス生活【参考書】 ゴッペマスター

セミリタイヤ・スローライフ実現の為、転職して山奥のログハウスに住み始めたバイク乗りのブログ

【転職】退職から2カ月で思う事

こんにちは、「ツーリング工房」ゴッペです!
セミリタイヤ・スローライフ生活のために自衛隊を辞めて山奥のログハウスに引っ越しました!


26年間、勤務した陸上自衛隊を依願退職して、ちょうど2カ月が経ちました。
f:id:goppemaster:20181001221710j:plain

仕事を辞めて変化した事
・長年、坊主に近かった髪が長くなった。
・ヒゲを生やしている。
・自衛官職業病「水虫」が治った。
・体を鍛えなくなって体力が落ちている。
・「自衛官の見本」を演じる必要が無くなって気が抜けている?


今までは、どんな服装でも「自衛官」って分かりましたが、今はそんな事なくなりましたかね。
少しずつ「自衛官」抜けしてきています(笑)




仕事辞めて、たった2カ月だし、民間会社に就職した訳でもないけど、色々な事が違うなと感じています。

考え方が違うから、時間の使い方が違うとか。




45歳で辞めたので、自衛官の定年までは、あと9年だった。

「あと、9年だぞ。我慢してやればイイだろ」と上から言われたけど、何も分かっていない。

毎月安定した給料が貰えるから?
退職金が貰えないから?

もちろん「生活」があるから、それも悪いとは思わないけど。



俺は、自衛官が嫌で辞めたのではない。
「自衛官」という職業に「誇り」を持っていたし「絶対的な自信」もあった。
目指すべき「改革」とでも言おうか。それを実現するする為には、この先々に準備されていたポストに俺が就くべきではないと判断したから「依願退職」を選択したのだ。



「何も辞める事はないだろ!」と言うが、俺自身にとってはこの選択がベストだ。


この考えを本当に理解出来たのは、隊長と同じ意志を持った数名だけだろう。




退職を決意するまで、退職が決まってからも…色々と考える様になった。


今まで、そんな時間はなかった。
今振り返ってみると、いつも「仕事」の事しか考えていなかったんじゃないだろうか?



「家族」との時間は?



老後の為に時間を犠牲にして働いて、お金を沢山貯めて…、「人生」何がしたいのだろう?




もちろん老後の事を見据えて「準備」は必要だ。それをせずに、今やりたい事だけ
をやるのは無謀だけれども。


でも、今しか出来ない事を犠牲にしてまで、「老後」に何を求めているのだろう?




多分、9年後に今の様な「挑戦」は選択していないと思う。


いつか、この「選択」が正しかったと言える様に「楽しみながら」頑張っていこう。



なんだか、着地点のない話でしたね。スミマセン、最後まで読んで頂きありがとうございました。

当サイト「ログハウス生活【参考書】ゴッペマスター」は第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

 

当サイト「ログハウス生活【参考書】ゴッペマスター」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村