「フェルトスタジオ icchi's room」

フェルト作家:きたがわたけし

              【フェルトスタジオ ICCHI's ROOM】作家:きたがわたけし

                  オーダーメイドで、愛犬・愛猫「うちの子フェルト人形」をお作りしています。
           「虹の橋を渡った、うちの子にもう一度会いたい…触れたい…」そんな思いを形にしてお届けしています。
 

羊毛フェルトオーダー「パピヨン」が出来るまで!

こんにちは!

ハンドメイドを生業としている羊毛フェルト作家きたがわたけしです。

 

羊毛フェルトで「うちの子そっくり!」と言われる様な、愛犬・愛猫のオーダーを受けています!

 

ブログでは、ここ最近で作製したオーダー作品や、ハンドメイドで生活している日々を紹介させて頂きます。

 

 

本日はオーダー作品の紹介です!

 

「先日、お星様になってしまった子を作って欲しい…」

f:id:goppemaster:20210711171441j:plain

 

犬種は「パピヨン」です。

 

では、作成過程をざっくりと紹介していきます!

 

いつもの様に顔のベースから作製します。

最近は犬作品の場合は、目の素材はガラスカボションではなく、レジンで作製しています。

f:id:goppemaster:20210711165607j:plain

 

チクチク作業に飽きたら、気分転換に粘土パーツを作ります。

これも最近は透明粘土を着色して作製しています。

樹脂粘土より扱いやすいし、質感がイイ感じに!

f:id:goppemaster:20210711170002j:plain

今回の作品では、頭と体 を繋げるのは最後にしました。

いつもだと、顔が出来たら体と繋げて作製していくのですが、どうしても作業していると顔に触れてしまうので…

毛が傷むのを防ぐために最後に取り付けます!

f:id:goppemaster:20210711170432j:plain

f:id:goppemaster:20210711170316j:plain

時々、頭を仮止めしてバランスをみながら…

f:id:goppemaster:20210711170324j:plain


そして、完成した姿がこちらです!!

f:id:goppemaster:20210711170633j:plain

舌はフェルトで形を作った後に「ロウ(キャンドル)」を染み込ませて形成しています。

以前は粘土素材で作っていたけれども、装着にボンドが必要ないのでこちらのやり方がイイかな?今のところ。

f:id:goppemaster:20210711170531j:plain

野外で撮影!

f:id:goppemaster:20210711170511j:plain

f:id:goppemaster:20210711170519j:plain

 

最後はモデルさんとの比較です!

f:id:goppemaster:20210711171132j:plain


昨年の9月にご相談いただいて10ヶ月待ちでしたが、やっとお届けする事が出来ました!

 

作品が愛犬とご家族との想い出の一助となれば幸いです!!

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

「フェルトスタジオ icchi's room/きたがわたけし」

 

 

 【オーダーについて】

お客様が安心してお取引できる様に、信頼のある大手ハンドメイドマーケット「Creema」「minne」「TanoMake」の3つのサイトのみでオーダー受付しております。(お客様がご利用しやすいサイトをご利用ください!)

 
 オーダーに興味のある方は、是非覗いてみてください!
 ※最初に「〇〇は作れますか?」など質問をしてください!
 

★Creemaからのオーダーはコチラ!

www.creema.jp

 
★minneからのオーダーはコチラ!

minne.com

 

 

★TanoMakeからのオーダーはコチラ!

tanomake.com



 
↓ ブログランキングに参加しています。ポチっとしてやって下さい!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村