ツーリング工房 ゴッペマスター

山奥のログハウスで「夫婦でセミリタイア生活」していく、40代バイク乗りのブログ

事態を予測し対処しろ「不測事態が引き起こした悲劇」ツーリング事件簿!

こんにちは、ゴッペです!

 

ツーリングに行くと様々なトラブルに見舞われることがあります。

そのほとんどが、故障か事故ではないだろうか?

 

俺も旧車に乗っているので、対処できるように工具等の準備は万全にしている。

 

仕事でもそうだが、出来る限りの問題点を明確にし処置対策を練る。

これにより、問題が発生しても「予測していた事態(想定内)」であり、冷静に対処できるのだ。

 

起こりうる問題点を予測(想定)していない事は「不測事態」となり、対処が出来なかったり、時間かかったり、問題を複雑化させてしまったりする。

 

 

今からお話しするのは予測していれば防ぐ事のできた悲劇の物語である…。

 

 

 

7~8年前になるだろうか。

セミの鳴声がうるさく感じる暑い夏だった。

 

学校は夏休みに入り、職場も盆休暇に入る。

例年の様にツーリングの準備を始めた。

 

この頃の俺はカワサキのZ1000RⅡ(通称:ローソンレプリカ)に乗っていた。

旧車である事には変わりはないが、今まで乗っていたバイクに比べ故障などのトラブルは皆無であまり心配はなかった。

 

今回のツーリングで心配だったのは、ホンダのCB400F(通称:ヨンフォア)という旧車にゴッペマム(奥さん)が乗っていた(乗せていた?)事だった。

f:id:goppemaster:20180721111143j:plain

 

旧車には多いが、クラッチが重いのと熱ダレするとニュートラルに入りにくくなるのが難点だった。

 

問題点は「信号待ちでニュートラルに入りにくい為、重いクラッチを握っていなければならない事」だった。

 

処置対策として「信号の少ないルート設定」「クラッチケーブルの交換」が必要だ!

 

クラッチケーブルを新品に交換し、ケーブルラインを見直し負荷がかからない様に対処と、オイル交換は済ませた。

 

さらに予測できるのは「左手首の疲労」である。

現段階で出来る対処「クラッチケーブル交換」はしている。

これ以上、物理的に「疲労を軽減」させることは出来ない。

 

練るべき対策は「左手首の疲労回復方法」をどうするか?である。

いつも携帯する救急セットに多めに冷シップを準備し、念のためテーピングも準備した。

 

一番懸念している問題の処置対策はした。

もちろん、その他の予想される故障対処も万全だ。

 

翌朝、俺達は予定通り1泊2日のキャンプツーリングへ出発

目的地は「小樽」

 

主に海岸線を走る 。

信号も少なく、想像していたよりマムの手首の疲労度は少ない。

 

小樽に到着し、まずはキャンプ場に入り宿営準備だ。

 

「 おたる自然の村野営場」でキャンプをすることにした。

f:id:goppemaster:20180721120253j:plain

 

山の上にある野営場で、敷地も広く林間学校などで活用されているようだ。

この日も、林間学校であろう小学生3~5年生の集団や大学生?のグループが入っていた。

 

うるさいのは嫌なので、集団から離れた場所にテントを張った。

周囲には同じように、ライダーやチャリダーのソロテントがポツポツと張ってある。

 

宿営準備をして、夕食の買い出しと観光に出かけた。

せっかく小樽に来たので、小樽運河を散策!

 

f:id:goppemaster:20180721121513j:plain

 

 夕食の買い出しをしてキャンプ場に戻る。

入浴を済ませ、夕食を作りながらビールを飲む。

 

大した料理をしている訳ではないが楽しいもんだ。

息子も高校生にもなると、親と一緒に出かけなくなる

 

夫婦水入らずは久しぶりだった。

 

気付けば22:00をまわっている、明日も走るし休むか…

 

周囲はにぎやかだ。林間学校の子供たちだ

子供の頃は、キャンプに行くとはしゃぐのがわかる。

 

ほほえましい光景だ。

 

 

日中の疲れもあったのだろう

アルコールも手伝ってウトウトしていた。

 

 

林間学校の男の子達の声が聞こえる。

 

「向こうに探検行こうぜ!」

俺も昔同じことをしていたなぁ

 

パンパン(何かを叩く音)

「起きてますか~?」

バタバタ(走る足音)

 

…?

 

「次、あっち行こうぜ」

 

パンパン(何かを叩く音)
「起きてますか~?」
バタバタ(走る足音)

 

 

…!

 

 

このガキども、テントを叩いては逃げてやがる。

 

要はピンポンダッシュだ!!

f:id:goppemaster:20180721133224j:plain

 

「次、あそこだ!」

家のテントに足音が近づいてくる…。

 

バンバンッ!

「起きてますか~?」

 

 

楽しくても人様に迷惑をかけてはダメだ。

 

 

 

( ゚Д゚)「コラ!」

俺はテントの中から叱った

 

「ヤバイ!」

バタバタバタ

 

 

ダメな事はダメだ!
悪いが、よそ様の子供だろうと注意する、容赦はしない。

 

これで、周囲のテントも被害にあわなくなった。

 

平和を取り戻した。

 

 

 

ZZZ…

 

 

(ガザガザ)

「ココ!このテント!」

 

ん?

ぼそぼそ小声が聞こえる

 

バンバンッ!
「起きてますか~?」

わーバタバタバタ

 

時計を見る…夜中の0時だ

 

構っても仕方ないので放っておいた。

 

 

 

30分後にまたやってきた。

 

バンバンッ!
「起きてますか~?」

 

 

 

夜中の2時まで続いた…

 

 

(# ゚Д゚)「ウルセェぞ!コルァ!クソガキィィィ!!」

 

そのまま、林間学校のテントサイトに行くと

先生らしき人達が数名、外で飲んでいた。

 

迷惑していることを説明し指導するように伝えた。

物腰柔らかく話したつもりだか、鬼のような面だったのだろう

 

「大変申し訳ありません!!」

今にも土下座でもするのではないかというくらいの勢いで謝られた。

 

以降、イタズラされることはなくなった。

 

 

…朝5時頃…

 

 テントの近くで女の子たちの声が聞こえる。

 

「聞いたぁ?」

「昨日の夜中、男子たちこのテントの人にイタズラしたんだって!」

「で、先生達すっごく怒られたらしいよ~」

「怖くな~い?」

「シッ!聞こえるって!」

 

 

...

 

 

も、

 

 

もう、

 

 

ほっといてもらえませんかぁ?

f:id:goppemaster:20180721131841j:plain

 

 

冷静に考えれば最初にテントの中から「コラ!」

なんて言わずに、外に出てキチンと注意するべきだったか。

 

面白がってイタズラが酷くなる事を予測できなかった俺が悪い?(笑)

 

 

教訓!

起こりうる問題点を予測(想定)していない事は「不測事態」となり、対処が出来なかったり、時間かかったり、問題を複雑化させてしまったりする。

 

CB400Fが引き起こすマムのトラブルの話と思いきや、ガキどもに襲撃される事は予測できなかったお話!(笑)