ツーリング工房 ゴッペマスター

セミリタイヤ・スローライフ実現の為、転職して山奥のログハウスに住んでいるバイク乗りのブログ

【2018北海道ツーリング⑩】最終回!「動け…動け…動いてよ~!」

2018北海道ツーリング

こんにちは、「ツーリング工房」ゴッペです!

 

無職のなせる業、思い付きツーリングもついに最終回です!

たかが、2泊3日のツーリングで10記事とは、よくここまで引っぱったもんだ(笑)

 

さて、最終日の朝に撤収をして「金毘羅神社」を見た後、出発をします。

 

キーを差し込んで、セルを回します。

 

「カチッ」

 

!?

 

げっ!セルが回らない!!

バッテリーが完全に上がっている~!「原因は??」…。

 

ん~、出発前に取り付けた「ナビ」の配線間違いで放電してたのかな?

 

幸い、俺のバイクはセルがダメでも、始動方法に「キック」もある。

キック1発で「ドルン!!」、無事掛かった!

 

「多分、ナビの配線が原因だから、走ってれば充電されるでしょ!」

この時は、こう結論付けて出発してしまった…。

 

「何とかなるか」「これくらい大丈夫さ」…、この考えがマズい…。

www.goppemaster.com

 

冷静に考えると、なぜ「その状態」で帰路を急いだのか?適切な「処置」をしなかったのか?

 

バッテリーが上がっているという事は、バッテリーの電力を「使い切ってしまった」って事だ。つまり「充電」されていないという事だ。

 

充電されないのは「ジェネレーター」の故障で発電そのものが出来ていないのか?

レギュレーター(レギュレート・レクチファイア)のパンクで高電圧が流れ、正常な充電が出来なくなっているのか?

 

「故障探求」をするべきだった!

バッテリーを外して液量の確認をすれば、原因がある程度「特定」出来て「対策」が練れたのだが…。

 

「多分、ナビの配線が原因だから、走ってれば充電されるでしょ!」
この時は、荷物を降ろすもの面倒くさいと思い、無理やり結論付けバッテリーを確認する事なくそのまま出発してしまった…。

 

30分ほど走って、一度休憩をする。試しにセルボタンを押してみるが…「キュ…ル」全然充電出来ていない。まあ、1~2時間くらい走れば戻るでしょ。

 

再び出発

 

エンジンの回転数が上がるとウィンカーの点滅速度や明るさが変わるので「発電」そのものはしているのでジェネレーターの故障はない。でも「電圧の変動」があるという事はレクチファイアが電圧を制御出来ていない…。

 

う~ん、思い当たる節が沢山あるな~…。

そもそも車検取った時、社外品のヘッドライトに交換したのに「光量」がギリギリだった…。

最近、ウィンカーの不調も現れてたし…。

 

「レギュレート・レクチファイヤのパンク(故障)」かぁ…。

 

昨日の「何か温泉の様な臭い」もバッテリー液の蒸発している臭いだ…、納得

 

 

旧車は「電装系」が一番の問題点だ。このバイクは国内輸入されてから電装系は触られていない。俺の手元に来てから確認したところレギュレータは「DYNA(ダイナ)」に交換されていた。

この「DYNA(ダイナ)」元々ドラッグレース部品なので、パンク(故障)したり発火したりと色々と問題が起きていて信頼性が低いので、いずれ交換しようと思っていたのだが。

 

ただ、退職したり引越し準備をしたりと「生活環境」が変わった為、先延ばしにしていたのだ。そして、そのままツーリングに出かけてしまった。

 

三笠市に入った頃だろうか。

走りながら「故障の原因」が解ったので、すぐに応急処置で「バッテリー液を補充しなければ…」っと思った矢先だった…。

 

ボッ…ボッボ…

 

吹けない!!!

明らかに「2気筒」死んだのが分かった!!!

 

路肩に寄る時には「4発」全て死んだ…。

 

 

ヤバイ!!!

 

 

路肩に止まり、セルボタンを押してみる。

 

「動け動け動け動け動け動け動け動け」

f:id:goppemaster:20180901085822j:plain

ウンともスンともいわない…。
キックしてみる…。

 

「ねえ!動いてよ~!」

f:id:goppemaster:20180831101117j:plain

 

ドルンッ…

f:id:goppemaster:20180901090408j:plain

 

ブジュブジュブジュブジュブジュ!?

f:id:goppemaster:20180901090955j:plain

 

ブオオオオオオオオッ!

f:id:goppemaster:20180901091954j:plain

 

いやいやいや!そんなわけねェ!!

 

ブジュブジュブジュ…って!?何?何?

 

何やら激しく溶けている様な音がするぞ!!

ガソリンタンクの下から音がする。

 

覗いてみると…。

何じゃこりゃ!!

タンクとエンジンの間が「無数の蜘蛛の巣」を張った様になっている!?

 

 

はっ!!

 

ま、まさか新手の使徒では!?

 

 

いやいやいや!

 

イグニッションコイルが溶けまくっているではないか~!!!!

 

分かりにくいが、赤で囲った部分がコイルが溶けていた部分です。コイルは2つとも前後が溶けて溶けてエンジンの上に垂れています(青で囲った部分)

コイルが溶けて溶けて繊維?が「蜘蛛の巣」の様になっているのがわかるでしょうか?(画像の状態はほとんど取り除いた後ですが、びっしりはびこっていました!)

f:id:goppemaster:20180901091653j:plain

赤で囲っている部分から溶けた繊維?が風で散って蜘蛛の巣の様に??

 

塊から細く無数に出ている…イメージはこんな感じ?

f:id:goppemaster:20180901152459j:plain

 

はっ!!

や、やはり使徒なのでは!?しつこいね(笑)

 

 

はい、もうお手上げです!

「レギュレート・レクチファイア」のパンクから、高電圧が流れバッテリーがダメになり、イグニッションコイルもパンクです!!

 

とりあえず、燃えなくて良かったとしか言いようがありません。

f:id:goppemaster:20180901092639j:plain

 

 不幸中の幸いは、自宅まで1時間くらいの場所で止まった事

 

マムが1人で帰って、ハイエースに乗って回収に来てもらう事にしました。

んん~、1人で帰すのがやや不安だが…。バイクを放置する訳にもいかないし…。

 

急がずに、ゆっくり帰って自宅で一休みしてから来てもらう事にしました。

 

3時間ほど待つのですが、その間に部品を外したり出来る事をします。

そりゃ、国道沿いで荷物降ろしてバイクをバラしていれば心配されます(笑)

 

ツーリング中のZZR1100(初期型)が心配して止まってくれました!

f:id:goppemaster:20180901093610j:plain

とりあえず、大丈夫だという事を伝えましたが、俺が暇そうなので20分ほど話し相手になってくれました!おそらく俺より少し年上の方でした。ありがとうございます!!

 

そんなこんなしてる間に、マムが迎えに来てくれました~!さすがに疲れてヘロヘロの様子です、すまねェ~。

 

さて、回収します。

ビキニカウルとミラーは外さないと積載できないので外しています。

f:id:goppemaster:20180901094252j:plain

 

と言う訳で、無事?「無職のなせる業、思い付きツーリング」が終了しました!

 

結論を言いますと、「計画」と「準備」がいかに大事かという事が改めて分かったツーリングでしたね(笑)

「ハインリッヒの法則」一件の大きな事故・災害に発展する前に、色々と見つめ直したいと思います。

 

長々と「ツーリング記録」に付き合って頂き、ありがとうございました!!

 

 

↓ ツーリングカテゴリーはコチラから

www.goppemaster.com

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村