「フェルトスタジオ icchi's room」

フェルト作家:きたがわたけしブログ

                   【ペット人形オーダー専門店】

       フェルトスタジオ icchi's room

   羊毛フェルトで、とてもリアルな「愛犬・愛猫」の人形をお作りします!

       「虹の橋を渡ったウチの子にもう一度会いたい…」

              そんな思いを形にしています。

心に響く作品はどれだけ「見えないニーズ」に応えるか!「チワワ」の作製記録:その②

こんにちは、「フェルトスタジオ icchi's room」羊毛フェルト作家:世界樹です。

オーダーメイドで「世界に一つだけ」のペットの人形をお作りしています!

当ブログでは「オーダー作品」の紹介や「ハンドメイド」について書いています。

宜しかったら、立ち寄って下さい!

 

 

「ペット人形を作って欲しい!」とオーダーされる理由は様々ですが、やはり「虹の橋を渡ってしまったウチの子を形にして欲しい!」という方が最も多いです。

 

「ペットロス」で苦しんでいる方の悲しみは拭う事は出来ませんが、俺(←私にしてみたけど、柄じゃないので戻しました w)の作る作品で少しでも「笑顔」になってくれたり「癒し」になってくれれば…と思いながら作製しています。

 

「心に響く作品」

 

いかにして作るか。

 

ただ、技術的に上手いだけでは駄目だと思っています。

それでは心に響かない…

 

これって、別に「モノ作り」に限った事ではないですよね。

 

相手に響く事って、こちらの熱量がどれだけあるかだと思います。

前職で「教官」という立場の時、どれだけ教え子を「本気」にさせれるか!を最も重視していました。

専門的な知識、高度な技術…もちろん必要ですが、知識や技術だけ優れていても駄目!

どれだけ物事に対して「本気」で「熱く」なって取り組めるか!

ハートが大切、「魂」ね!

 

だから教えるこっちも超本気!超熱血!(笑)

そうすると教え子達もその「熱量」に感化されて「本気」になるし「熱く」なる。

そんな奴になれれば、知識や技術なんて後から付いて来るし、結果より高いモノを習得する。

 

ちょっと話がズレてきたけど、要は「モノ作り」でも心に響くような良い作品を作ろうと思ったら作り手の「熱量」が必要だと。技術的な事ではなく、どれだけ本気で作るか。(※もちろん技術は必要)

 

お客さんは「もう少し、ふっくらさせて欲しい」とか作品の見た目を要求をしてきます。

コレに答えるのは当然、もちろん持てる技術の限りで。

 

でも大切なのは「目に見えるニーズ」ではなく、「目に見えないニーズ」を探して答えるかだと思っています。

 

「ペットロス」、家族同然のペットを喪った訳ですから、究極の願いは「生き返って欲しい!」なんですよ。

でも神様じゃないから、それは無理

「せめて人形でもイイから、あの子が近くにいて欲しい」という願いでオーダーをご依頼される訳です。

 

だから、少しでもその想いを「形」にしてあげたい!

人形を作る事が「形」にするという事ではなくて、「想い」そのものを「形」にしてあげたい!これが作り手としての俺の「熱量」です。

 

今回は「目」を本人(モデルのワンちゃん)の写真からアイシートを作り半球ガラスで作成しました!※写真によって出来る時と出来ない時があるけどね。

f:id:goppemaster:20191211181137j:plain

 

これで人形のワンちゃんの「瞳」は作り物だけど、一応「本物」

 

その事をお客さんにご相談しました。画像を送って「こんな感じになりますよ!」ってね。

 

メールでの返信に「見た瞬間、涙が噴出しました…」と、とても喜んで頂けました。

 

心に響く作品はどれだけ「見えないニーズ」に応えるか!

どの作品にも「熱量」をもって取り組みます!

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

【ショップ紹介!】

minneとCreemaでネットショップやってます!!

ショップ名「フェルトスタジオ icchi's room」

 

↓ 「オーダー」はコチラで受付けていますよ!※作品もコチラで販売しています 見に行ってやって下さい!!
minne.com

www.creema.jp

 

 
↓ ブログランキングに参加しています。ポチっとしてやって下さい!

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村