ログハウス生活【参考書】 ゴッペマスター

転職して山奥のログハウスで「ニードルフェルトアーティスト」として活動していくブログ!

身の為だから絶対に読んでおけ!中古住宅・ログハウスを「内覧」する時の注意点!!

こんにちは、ログハウス生活【参考書】筆者のゴッペです。
このブログでは「いつかログハウスに住みたい!!!」と言う方々の【参考書】となる様に、メーカーや不動産屋が勧めてくる「いい話」だけではなく「ログハウスのリアル」を書き綴いきます。

 

 

この「ログハウス」に引越してから1ヶ月半が経過したのですが、感覚的には「まだ、1ヶ月半しか経っていないのか!?」って感じなのです。

「北海道胆振東部地震」から始まったココの生活…。地震スタートなので最初はてんやわんやで、その中で引越し作業をしたり、引越しが落ち着いた頃には今度は「虫地獄」の日々…(笑)

 

↓ 「虫地獄」の記録

www.goppemaster.com
www.goppemaster.com

 

 

普通の人は…まず無理だと思いますよ。あの「虫」の数…。

普通に町で暮らしている人が、人生の中で出会う「テントウムシ」の数の1000倍くらいはこの1ヶ月で出会う事が出来ました(笑)

 

 

まともな人は引越すと思いますよ。実際に変態の俺でも心折れそうになったし…。

 

 

色々な「虫対策」をやって「バルサン」が最も効果的でしたね。

ブログからの皆さんの応援も励みになりましたね、ありがとうございます!

 

そんな「虫」も気温がグッと下がり一気にいなくなりました~!!!

ここ5日間くらいは家の中の「テントウムシ」はほとんど現れていません。これが普通の家ですね(笑)「カメムシ」は1日20匹くらいは見かけますがね。

 

でも劇的な変化ですよ!!「虫」がいないのは!!

 

 

 

…そして今朝、目を覚ました時に、ふと気付いたのです…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「虫」出ね~とネタね~な…。

f:id:goppemaster:20181018102105j:plain

 

 

今月に入り「ブログタイトル」を変えて「ログハウス」の事を書いていこう!

ってリニューアル??したのですが「ログハウス」というよりも「虫」の話しか書いていません!

 

 

基本スタンスは「ログハウスって良いよ!!でも、こんな事がデメリットだよ!でも、やっぱりログハウスって良いよ!!」って事を伝えたいのですが…あれだけ「虫」の事を書いていると住みたくなくなるだろうなぁ…。でも、それが「リアル」だしなぁ。

 

新築はそんな事は無いのでね。ご安心を。

建てる場所により大きく影響を受けるので、これから「ログハウス」を建てる人は良く検討して決めた方がいいですよ!!

 

 

さて本題です。

 

 

俺の様に「中古ログハウス物件」を買おうと思っている人は以下の事項は「要注意!」です!!築年数の古い中古住宅でも同じことが言えるかもしれません。

f:id:goppemaster:20181018115102j:plain

 

 

不動産屋を選べ!

これは、普通の物件を選ぶ時でも同じですけどね。特に、別荘地の物件は「管理」が特殊です。ここをしっかりと抑えている不動産屋は信頼できます。

実際にウチの場合も、今の住まいの他にも同じ集落にある別の物件を内覧させてもらいました。そこの不動産屋に色々と説明を受けましたが、「管理費」などの情報も全く違ったし「電波」も問題ないと言っていましたが、実際はドコモ以外通じないし、地デジも見れないのに!

 

購入を決めた別の不動産屋は、親身になって動いてくれたり調べてくれたりと、凄く助けられました。信用の出来る不動産屋を選びましょう。

 

内覧時に虫の状況を見ろ!

気になる物件を見に行く時は「要注意」です!

わざわざ見に行くのですから「いいな!欲しいな!」と既に気持ちは傾いています。その状況だと、ある程度の「悪条件」があっても「これくらいなら…」と妥協してしまいがちです!この段階では決して妥協してはいけません。とくに「ログハウス」の場合は「虫」の状況をよ~く確認した方が良いです。

 

内覧に行くと、必ず虫はいます。いなければ不動産屋がキレイに掃除したからです。なのでいない場合は掃除により「虫の存在を隠している」可能性があるので、いつ清掃を入れたのか確認した方が良いです。

 

別荘の場合はオーナーの使用品度(期間、時期)も確認しておくことが重要です。特に「整備(清掃)状況」を確認した方が良いです。1年に1回の掃除なのか半年に1回なのか?これにより、いま目の前にある「虫の死骸」から、どれくらいの月日でこの量の虫になったのか?おおよそ検討が付きます。

 

日の当たる物件は注意しろ!

家を建てたり買う時には「日当たり」は重要です。

でも「山間部に建つ中古ログハウス」の場合は注意が必要です!!

同じ地域に建つ物件でも「日当たり」によって「虫」の量が違います!「日の当たるログハウス」は気持ちが良い様な気がしますが「虫の餌食」になります!!!

 

実際にウチの場合は「角地、日当たり良好」ですから「虫」が集中します。ご近所と比べても「外壁」に張り付く「虫の数」が圧倒的に多いのです!

 

この事を知らなかったので、「ココに住んだら、朝はテラスのベンチで景色を見ながらコーヒー」なんて思い描いていましたが…もし、そんな事を実践したら手に持っているコーヒーは一瞬で「テントウムシ入り粒々コーヒー」に早変わりします!!!

 

なので、日の当たる物件の場合は特に「虫」の状況を確認してください。

 

 

 

これから中古の「ログハウス」を買おうとしている方は、上記事項は心得ておいた方が身の為です!!

 

 

 

ちなみにウチの「内覧時」の写真です!

 

衝撃画像ですよ!

 

ブルーシートの上…すべて虫の死骸です(ほとんどテントウムシ!)

f:id:goppemaster:20181018110704j:plain

 

 

よくこの状態で「購入」を決めたなぁ。今思うと!(笑)

 

中古の「ログハウス」物件の購入を考えている人は、とくに「虫」の状況は要チェックですよ!!

 

やはり「虫」はネタになりますね!!(笑) 

当サイト「ログハウス生活【参考書】ゴッペマスター」は第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

 

当サイト「ログハウス生活【参考書】ゴッペマスター」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村