ゴッペマスター

転職して山奥のログハウスで「ニードルフェルトアーティスト」や「スキーインストラクター」など好きな事をして生きていくゴッペさんのブログ!

「暖房費」を大幅に節約!「薪割り機」で薪を作る!!

こんにちは、ログハウス生活【参考書】筆者のゴッペです。
このブログでは「いつかログハウスに住みたい!!!」と言う方々の【参考書】となる様に、メーカーや不動産屋が勧めてくる「いい話」だけではなく「ログハウスのリアル」を書き綴っていきます。

 

 

「ログハウス」と言えば、暖房は「薪ストーブ」が似合いますね!!

「炎」を見ていると、視覚効果も手伝ってより暖かく感じますね。

実際に「薪ストーブ」の効果は、遠赤外線効果により、家の中で「日光浴」でもしているような暖かさがあります。そして「癒し」の効果も!

 

しかし、問題になるのは「薪」の確保の様ですね。

皆さん苦労している様です。

 

ちなみに、集落の「長老」にお話を伺ったところ、「薪」は買っているそうです。値段を聞くと年間で18万円(約10㎡、配達料込)を購入している様です。

お隣さんも、同じくらいの量を買っていたので、似たような金額が掛かっているのでしょう。

 

 

 

ん~、凄く高くないですか???

 

 

 

北海道の冬の暖房費って、灯油ストーブやオール電化などや、築年数で違いはありますが、11月~4月までは絶対に「暖房」を点けます。この「暖房費」は一般の家庭で大体、月15000円~30000円くらいが平均かと思います。

 

単純に、年間の「暖房費」(11月~4月まで)月30000円で考えても、18万円ですよ?灯油ストーブとかで!

 

 

「薪」だけで18万円!?その他にも「灯油ストーブ」と「電気ストーブ」も使用しているそうです!!!

年間どんだけ「燃料費」かけているのだろう?

 

まあ、どちらも市街地に「別宅」をお持ちの「お金持ち」なので「燃料費」など小さな事にはこだわらないのでしょう。うらやましい…。

 

 

ウチはそんな金、どこにもありません!!

なので「薪」など買いません!自分で作ります!!

 

 

さあ、そんな訳で「ジモティー」で買った「薪割り機」を使用してみました!!

 

 

「薪ストーブ」でも使っている人じゃないと、「薪割り機」なんて見た事ないですよね。俺も、最近知りました!

 

 

古い型ですが、10万近くする機種の様です。17000円ならお得かな?

 

単純な作りですね!

右上が「斧」の部分になっています。この様に「玉切り」した丸太をセットします。

f:id:goppemaster:20181006144708j:plain

 

操作も至って簡単です!

電源ボタンを押して、モーター起動!(車輪の近くにある丸いボタンが電源スイッチ)

 

左に少し見えている「レバー」を押し下げます。

すると上に付いている「黒い箱」の部分が油圧で前に進んで、「斧」の部分に押し付けられた丸太が割れるという仕組みでした。

f:id:goppemaster:20181006145045j:plain

 

こんな感じで割れます!

最初、使ってみるまでは「黒い箱」の部分が「凄いスピード」でセットした丸太を「叩き割る」イメージでビビりながらレバーを下げましたしたが、全然そんな事はありませんでしたね。

ゆっくりと進んで割ってくれます。安全に使う事が出来ますね!!

f:id:goppemaster:20181006145644j:plain

 

これは便利ですよ~!

「マサカリ」で薪割りすると大変なんです!下手くそだとなかなか割れないし、握力無くなってくるし、次の日「全身筋肉痛」になるし(笑)

 

 

よし!今日は外にあるコイツ等を割ります!!

これはすぐに終わりますね。

f:id:goppemaster:20181006150411j:plain

 

おお~!

なかなか楽しいですね~!!

ストーブに入らない長い丸太はチェーンソーで短く切断します。

f:id:goppemaster:20181006150711j:plain

 

まだ、慣れていないので要領が悪く、コレで30分くらいの作業量です。慣れればもっと「薪」を割れます。

 

ここで一つ注意事項です!!

 

画像をよく見たらわかるのですが、「スリッパ」で作業しています。

これは絶対にマネしてはいけません!!

しかも「チェーンソー」使っている訳ですから…、下手したら足の指とか簡単に切断します!!必ず「安全靴」を履いてくださいね!!

 

 

 

さあ、冬の「暖房費」を安く上げるためには「自分で薪を作る!」のが一番です!

 

会社勤めの方だと、時間がなかなか取れなくて大変かもしれませんが、丸太は格安で売ってくれるところを探すか、市や町で公園の倒木などを「無料配布」する時があるので、それらを利用すれば「暖房費」「薪代」は安くする事が出来ますね!

 

ただ、道具が必要になります。

・チェーンソー(電気式は駄目!無料配布時に使用できないので!)

・運搬車(軽トラックやハイエース等、又はレンタカー)

・「薪割り機」(安いのは5万円くらい)

 

そして、「薪置場」や「薪小屋」が必要になりますかね?

 

 

初期投資で器材にお金はかかりますが、長い目で見ると揃えた方が良いですかね。

でも、今は器材も「レンタル」しているので利用するのもありですね!

 

 

せっかくの「薪ストーブ」ですから、若いうちは健康の為にも体を動かして「暖房費」を抑えましょう!!

当サイト「ログハウス生活【参考書】ゴッペマスター」は第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

 

当サイト「ログハウス生活【参考書】ゴッペマスター」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村