「フェルトスタジオ icchi's room」

フェルト作家:きたがわたけしブログ

                   【ペット人形オーダー専門店】

       フェルトスタジオ icchi's room

   羊毛フェルトで、とてもリアルな「愛犬・愛猫」の人形をお作りします!

       「虹の橋を渡ったウチの子にもう一度会いたい…」

              そんな思いを形にしています。

毎回毎回、何かしら新しい事を取り入れて自分の技術を上げる!

こんにちは、「フェルトスタジオ icchi's room」羊毛フェルト作家:世界樹です。

オーダーメイドで「世界に一つだけ」のペットの人形をお作りしています!

当ブログでは「オーダー作品」の紹介や「ハンドメイド」について書いています。

宜しかったら、立ち寄って下さい!

 

 

今日は常に「新しい事」にチャレンジしようぜ!という話です。

 

昨日から、少しずつ次の作品に取り掛かっています!

実物大オーダーと並行して作り始めたのは「猫」です!!

 

久々の猫のフルオーダー!

…ほぼ1年ぶり

 

「苦手な猫」なのですが、作り方を変えました。

今までは「犬の顔」と「猫の顔」の形成要領を区別して作製していましたが、今回は得意な「犬の顔」の形成方法で作製してみました!

 

犬を作る時は、完全に自己流のやり方

猫を作る時は、フェルトを始めた頃に参考にした作家さんの作り方がベース

やっぱり「自分の技術」になっていないんだね。

 

これ!

1年前、有名作家さんの本を参考に最初に作った「リアル猫」

フェルト始めて2ヶ月目でこれ作ったんだから、よく考えたら凄いな。

しかも、今と違って道具はニードル1本だけ!

f:id:goppemaster:20181107140117j:plain

 

フェルト始めて1年、やっと自分の「道具」と「やり方」のベースが出来た感じですね。

もちろん、更に進化させないと技術は向上していかないから毎回毎回、何かしら新しい事を取り入れてます。

 

今回から新しいアイテムも使っています!

右のブラシのマット!

f:id:goppemaster:20191202181225j:plain

 

とても使いやすい!

いつもは真ん中のフェルティングマットを使っているんだけど、すぐに「ヘタる」

左はヘタりを抑える為にフェルトを張って使っている。

 

ブラシタイプにも上にフェルトを張って使う。

どんなにニードル(針)を刺してもヘタらない!

羊毛を板状にするのがとても速くなった!

 

道具一つ工夫したり変えたりするだけで「仕上がり」が変わります!!

「やり方」もずっと同じ事ばかりじゃ「進化」しないから、たまに変わった事にチャレンジすると何かしらの「発見」があるよ!!

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

【ショップ紹介!】

minneとCreemaでネットショップやってます!!

ショップ名「フェルトスタジオ icchi's room」

 

↓ 「オーダー」はコチラで受付けていますよ!※作品もコチラで販売しています 見に行ってやって下さい!!
minne.com

www.creema.jp

 

 
↓ ブログランキングに参加しています。ポチっとしてやって下さい!

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村