ログハウス生活【参考書】 ゴッペマスター

セミリタイヤ・スローライフ実現の為、転職して山奥のログハウスに住み始めたバイク乗りのブログ

ログハウス生活必需品?「薪割り機」をジモティーで買ってみた!

こんにちは、ログハウス生活【参考書】筆者のゴッペです。
このブログでは「いつかログハウスに住みたい!!!」と言う方々の【参考書】となる様に、メーカーや不動産屋が勧めてくる「いい話」だけではなく「ログハウスのリアル」を書き綴っていきます。

 

 

「憧れ」のログハウス生活

 

その「憧れ」の中の一つに「薪ストーブ」がありますね!

揺らめく炎で癒されたり、室内に広がる独特の優しい暖かさは、他の暖房器具では味わえませんね。

f:id:goppemaster:20181005090729j:plain

 

以前住んでいた「千歳市」の借家は「オール電化」だったので、基本的に「火」のない生活でした。便利でしたが、でも、どこか味気ないのです。

 

俺は、子供の頃から「薪ストーブ」で生活していました。親父が「薪ストーブ」が好きで、実家を新築した時も「薪ストーブ」を設置していました。

なので、やはり「火」のある生活に馴染みがあります。

 

 

「ログハウスのモデルハウス」など見に行くと、絶対に「薪ストーブ」を設置したくなりますね(笑)

 

でも、現実は色々と大変になります。

 

「薪ストーブ」を焚くには、当然「燃料となる薪」が必要になってきます。

「薪」の確保も必要ですし、「薪」の保管場所も必要になります。

 

新築でオシャレな「ログハウス」を建てたけど、「薪」置場のせいで景観が崩れたりとかで後悔している人も多いようですね。

 

 

木を切ったら「薪」になる訳ではありません。乾燥させなければ「薪」として使用できません!1~2週間で乾燥なんかしません年単位です。

 

まあ、色々と大変なのです…、俺はこれから味わうのですが(笑)

 

 

いつも読ませて頂いてる、ガヤさんのブログは「薪ストーブ」の話が勉強になります。あと、「娘さん」の話がほのぼのして面白い(笑)

www.makifuyu.com

 

 

 

まあ、そんな訳で「薪」の入手が必要なんですね。

 

そして、灯油代など燃料が高騰しているので、出来る限りコストを抑えたいのです!

「薪」は自分で作れば、冬の燃料費も抑える事も可能なんです!(少し…)

 

 

現在、ウチには「売り主」さんが置いていった「薪」があります。

すぐに使用できる割った状態の「薪」と、乾燥した「玉切り」状態の物

 

「薪」の量が足りないのですね…。

 

今年はおそらく、格安での「薪の入手」はもう無理だと思われるので、家にある「玉切り」の物を割って「薪」の量を増やしたいのです!!!

 

丸太を割る為には「斧」が必要です…。

しかし、大変なんですよ!!手割は!!!

 

そこで、「薪割り機」を探しに店を回ってみたところ…

う~ん…5万~20万と幅があるものの高い…。

 

 

 

中古なんて売ってないかな~?

 

 

おお!「ジモティー」で発見しました!!

「ジモティー」で買い物をするのは初めてでしたが、なかなか「薪割り機」なんて出てこないだろうと思い買う事にしました!

 

f:id:goppemaster:20181005093706j:plain

 

 

機種が全く分からないですが、何やら「ナカトミ」という国産メーカーなので大丈夫でしょう!

 

 

「ジモティー」のシステムがよく分かりませんが、まあ「ヤフオク」みたいな感じですね。

相手の方とメールで連絡を取り、待ち合わせ場所も決まりました!

 

 

と言う訳で、今から「薪割り機」を引き取りに行ってきま~す!!

 

いや~、なんでもかんでも積載できるのでハイエースが重宝しています!

この車なら「薪」を運ぶ事も可能ですね!

当サイト「ログハウス生活【参考書】ゴッペマスター」は第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

 

当サイト「ログハウス生活【参考書】ゴッペマスター」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村